メスのウサギさんは子宮がんに気をつけよう

メスのウサギさんには子宮の病気が多く発生します。中高齢になるとその多くは“がん”なのですが、症状がないことが多いので、気づいた時には病気がだいぶ進行していることもあります。触診やレントゲン検査にて早期に発見し、治療することが重要です。

治療法は外科手術となりますが、比較的高齢でも頑張ってくれる子が多いように思います。また当院では血管シーリングシステムの使用により手術時間も短縮できるようになりました。

対策として5歳過ぎた子は定期的なチェック、できれば若いうちに不妊手術をすることをお勧めします。
IMG_6999.JPG
子宮の一部が固くしこり状になっています。先日、検査施設より頂いたデータによると組織検査で“がん”と診断されても、転移がなければ比較的長期間生存できることが多いようですよ。やはり「早期発見、早期治療」ですね(か)
Calendar
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

Copyright © 2008 Regalo. All Rights Reserved.