ネコちゃんの混合ワクチン追加接種プログラムの見直しについて

この度、猫の混合ワクチン追加接種プログラムの見直しをいたします。

従来は初回に複数回接種後、1年毎の追加接種をお勧めしてきました。しかし近年AAFP(米国猫臨床医協会)やWSAVA(世界小動物獣医師会)のガイドラインでは3年以上の間隔をあけての追加接種が推奨されています。ただガイドラインは必ず守らなくてはならないものではありません。

ワクチン接種は感染症予防に大事ですが、接種することで困ったことがおきる可能性もあります。ワクチンの効果は数年持続するとの研究結果がありますので、接種回数を減らせることは良いと考えます。以下に接種回数を減らすメリットとデメリットをあげます。

【メリット】
①ワクチン接種に伴う副反応(発熱や元気消失)の危険性が減る
②注射接種部位に腫瘍ができる危険性が減る(発生率は1/10000以下)
③最近の報告で毎年のワクチン接種が慢性腎臓病の発生率を高めている可能性が指摘された

【デメリット】
①接種を忘れてしまう可能性が高くなる。低いワクチン接種率がさらに低下する可能性がある
②中には長期にワクチンの効果が持続しない子もいる

以上を検討し、今後当院では感染の危険性が低い子は3年に1回、感染の危険性がそれなり~高い子については1年毎の追加接種を推奨していこうと思います。

<感染のリスクが低い>
完全室内飼育
ホテル、トリミングを利用しない
(ホテルを利用することになった場合には接種お願いします)
1~2頭の飼育

→3年毎の追加接種


<感染のリスクがそれなり~高い>
室内外自由
ホテル、トリミングを利用する
多頭飼育
ご家族が他の猫と頻繁に接触する

→1年毎の追加接種

なお初回に複数回接種した翌年は必ず追加接種が必要です。
またワクチンは3年毎であっても年1回以上は健康チェックをうけましょう。
もしワクチン接種で具合が悪くなる子や、より接種回数を減らしたい場合にはワクチンの効果を調べる検査(抗体検査)をお勧めいたします。

以上、何かご不明な点があれば獣医師までお尋ねください。

IMG_7050.JPG
Calendar
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

Copyright © 2008 Regalo. All Rights Reserved.